古本屋の値付け 旅と検索ワードという不思議な組み合わせ

弱いつながり 東浩紀さんの本です。

こんにちは。かまんよ書店の青木です。

今日もかまんでしょうか。

某伝説の書店主(以下、レジェンド)と話していると、突如本を差し出されました。

レジェンド「そういやーさ、アオキくん、これ読んだことある??」

青木「・・・・。それーは。うーん、ありませしぇーん!!!」

書店主としては、悔しいですが、本の内容は面白かったのでレビューします。今日ご紹介するのは

「弱いつながり」

タイトルは「弱いつながり」。著者は東浩紀さんです。

キーワードは旅と検索。サブタイトルには「検索ワードを探す旅」と書かれています。さらっと一読できます。著者は哲学者であり、作家でもあり、元学者でもあり、現在も会社を経営されていていろんな活動をしています。その影響か、章ごとにはタイトルが振られていますが、全体として一貫性がないようなあるようなそんな印象を受けます。ただ、これも東さんのなせるワザで、この本を読むことで新しい検索ワードが見つかる。つまり旅に出ている感覚になれます。

ひとつ、気になったことは本のカバーの帯に書かれているキャッチコピー。

「グーグルが予測できない言葉を手に入れよ!」

と書かれています。グーグルをキャッチコピーに使うのはズルい。もう少し読み込んでからカバーのキャッチコピーを考えてほしかったな、と思いました。考える時間がなかったのかもしれませんね。

私がこの本のキャッチコピーを考えるのであれば

「旅先でしか出会えない現地の言葉で検索すると、いままで見えてこなかった検索結果が得られる。」

ここからもう少し、言葉を絞って・・・

「知らない言葉で検索するなら旅に出るのが一番だ」

最後にこの本、値付けしてかまんですか。

まあ、レジェンドからすすめられた本は一冊だけじゃないんですけどね・・・。レジェンドは本当にスゴイ。沢山の本を読んでいました。頑張っていつか古本屋のレジェントと本談義できるように頑張ります(汗)

今日の値付けは・・・600円。全国発送もしております。送料は+300円です。

お手に取られたいというのでしたら、菊池寛通り店に(もちろん臭いが漏れないように)パッケージングして置くことも可能です。ご連絡ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です