高松にある古本屋の値付け 「非道に生きる」 園子温

園子温 非道に生きる

こんにちは。高松の菊池寛通りにある古本屋 かまんよ書店です。今日もちょっとかまんでしょうか。

園子温さんが書いた「非道に生きる」という本を読みました。

園子温とは

映画監督です。ちょっとアブナイかんじの。でも本を読んでいると冷静な人。映画撮影ってすべて合法的に撮影されているわけじゃないんですね。警察など確実に許可取って撮影していると思っていました。衝撃です。そんなハラハラした状態でよく撮影が続けられるなと思います。いままで名前さえ知らなかった監督だったので、園子温さんの作品、一度みてみたいな。

サブタイトル「極端だから、人をひきつける」とは

普通じゃ満足できない。常に批判にさらされる。それでこそ自分の存在意義を感じる。本文にはそんなことは書かれていませんが、そう受け取れました。

めちゃくちゃなことばかりやって、成功した人ではないです。園子温さん自体、全財産を使って映画をつくったり、警察に毎度呼び出されたり、若者に家中をめちゃくちゃにされたり、疲労困憊して役者やスタッフから嫌われても樹にすることなく納得するまで何カットも取り直しを続けたり。そんな、誠実さ(言葉が正しくないかもしれませんが)が本文ににじみ出ています。正直なんですね。だから人をひきつける。極端だからだけじゃないんです。ここが大切。読まないとサブタイトルのなかの行間がわからない。

というわけで値付け

450円。装丁も素敵です。内容もいい。自分がやってみたい違法なことを体を張ってやってくれています。それを読むだけでもストレスが発散できます。映画監督が映画をつくるうえで色々考えているということや映画を作っていく中で苦労したこと、経験したことが沢山書かれています。だからこの価格です。400円では安い。だから450円。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です