アマゾンよりも早く本を入手する方法

紀伊国屋書店

読みたい本をテレビや雑誌で知ったら、いてもたってもいられないですよね。そんなとき、あなたはどうしていますか。

宮脇書店(←高松で最も有名な本屋)に走る。

・アマゾンや楽天で注文して、届くまで待つ。(←普通これですね。)

香川県立図書館高松市図書館に行ってみる。

こんにちは。高松市のブロガー、ダイ・アオキです。今日もかまんですか。

読みたい時にすぐにほしい。今日は、そんなあなたにぴったりの情報を提供します。最速です。

それは、紀伊國屋書店です。

答えは紀伊国屋書店を利用します。ネットと実店舗の両方です。紀伊国屋書店もアマゾンも多くの在庫を抱えている点は似ています。どちらも、ネットで販売をしています。紀伊国屋書店がアマゾンと大きくちがうのは、お客さんが立ち寄れる、「実店舗」があることです。

たとえば、芥川賞を受賞した、又吉直樹さんの作品、「火花」を検索してみます。紀伊国屋書店の場合、高松店のどの書棚の場所に「火花」という本があるかまで分かる仕組みになっています。

▼棚番までわかります
hibana

 

▼高松店のどこにあるか、絵で示してくれる
紀伊国屋書店

紀伊國屋書店は、同じ香川県では、「丸亀のゆめタウン」にもあるので、丸亀方面の人は、こちらを検索してもいいですね。

▼店舗一覧 丸亀にもあるよ
丸亀

 

電話で確認などする必要もなく、在庫があれば、紀伊国屋書店に行きます。そして店員さんと会話をすることなく、探していた本を手に取ることができるのです。
あなたが紀伊国屋で本を手にとっている時に、アマゾンなら、まだ瀬戸大橋も渡っていないかもしれませんw

「紀伊国屋へいくまでの間に、誰かに買われて売り切れるのが心配」

そんなあなたは、紀伊国屋高松店に電話して取置してもらいましょう。これで完璧!

これ、「なーんだそんなこと」と思いますが、紀伊国屋さんの相当な努力の上に成り立っています。新刊が入荷したり、棚のレイアウトが変わるたびに、各本の棚番を入力しているということなんです。想像を絶する大変な作業なんです。大型の図書館かそれ以上の規模で情報整理の作業が必要ですからね。

 

アマゾンで買うと、「やっぱいらなかった」って後悔したことありませんか

アマゾンと大きく違うところがもう一つあります。それは、目星をつけていた本を手にとったあと、その場で返却し「買わない」という選択ができる点です。手に取ることができるので、「なんかちがうな。やっぱりやめた」と棚に戻してもOKです。買ってませんからね。

 

最後にちょっとかまんですか。

ちなみに、宮脇書店の書庫検索では、棚番まではわかりません。紀伊國屋書店が一歩リードしていますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です