瀬戸内国際芸術祭のおみやげで買った、さぬきグラフィックうどんの中身は何だろうか

DSCN1561

グラフィックというくらいなので、どんなものが入っているのか期待できますね。

DSCN1563

 

こんにちは。高松市のブロガー、ダイ・アオキです。今日もかまんですか。

瀬戸内国際芸術祭の高松公式ショップでおみやげを数点購入してきました。

だれもが気になる「さぬきグラフィックうどん」の中身を公開しちゃいます。

開けてみると・・・

DSCN1599

中身はこれだ!!

ゲッ!う乾燥したうどんだけじゃん。ショックー。

DSCN1601

 

これが、グラフィック!!?

うーん。

 

どこがグラフィックなのか

中身を開けると、商品説明書が入っていました。

▼商品説明書です。1枚のみ。

DSCN1602

よく読むと、「地元瀬戸内のクリエイターがデザインしたパッケージでパッケージした・・・」と書かれているので、この部分がグラフィックなのだろうと推測されます。

ほかに何が入っているか

いりこダシつゆ11倍希釈用×1袋

▼いりこの絵柄がかわいいよ

DSCN1614 DSCN1610

以上です。

価格は378円也 高いか安いか値段相応か

ペッケージや商品説明書、いりこダシつゆの袋に若干のアートを感じることができましたが、なんだろう。少しお客さんをバカにしている感がありました。(私にはいまのところ価値がわからないだけで、あとで凄さがわかったら、潔く記事を更新します。)

ただ、こういった趣向が合う人とそうでない人がいるので、値段相応かどうかは購入した本人が決めるものだ考えます。

ただ、

最後にちょっとかまんですか

さぬきグラフィックうどん、再購入はないな・・・。

県外から来られた観光客が買って帰ったら、香川や高松のイメージまで悪くなるような気がします。残念。

DSCN1616

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です