20数年ぶりに回転寿司に行ってみた。色んな種類の食べ物やサービスがあって、竜宮城のようだったよ

IMG_20160221_120210

こんにちは。高松市のブロガー、ダイ・アオキです。20数年ぶりに回転寿司に行ってきました。回転寿司業界のサービス品質の良さには度肝を抜かれました。そのうちの幾つかをご紹介します。

IMG_20160221_122332

その1 座席についているタッチパネルで注文ができる

IMG_20160221_115653

これは便利。商品のカテゴリ分けもしっかりしているから注文もし易い。商品名や個数も間違えないように文字やボタンがデカイ。すべてがお客様目線でこのタッチパネルが作られていることに感動しました。寿司屋のIT化もついにここまで来たか!!

その2 注文した品は無人のベルトコンベアで座席まで届けられる

お寿司が通るレーンとは別に上に、薄いシートみたいなベルトコンベアがあります。
そのベルトコンベアに乗って、お寿司や丼ものが忙しく運ばれていく姿は見ていて面白いです。

▼あれ、ベルトコンベアに何か通ったぞ

IMG_20160221_122346

▼おっ!!どんぶりものだ。
IMG_20160221_122349

ベルトコンベアの位置は、幼稚園児が手を伸ばせば届く距離にあります。これもナイスアイデア!!

ちなみに、大皿の寿司やドリンクを注文したとき、ベルトコンベアの方を見ながら待ってました。(←けっこうこういう人、きっと多いです。)すると厨房から座席まで店員さんが歩いてきて、「おまたせしました~」と品物を持ってきてくれました。よく考えると、当たり前だよね。ベルトコンベアに乗らないものは店員さんが運んできます。

その3 寿司以外のサイドメニューが充実している

私はラーメンを注文しました。

▼これもひと工夫
IMG_20160221_115125

IMG_20160221_115043

息子はケーキやアイスを注文しました。

隣のボックス席に座っていた4人家族は、4人でそれぞれ違う種類のカレーライスを注文して食べていました。カレー屋によくある風景でした。

▼はるかという高知産のみかんも100円皿に乗って回転してました。
IMG_20160221_121611

その4 いろいろな種類の寿司がある

金目鯛、さより、宇和島ミカンぶりなど、普通の寿司屋ではなかなか食べられない魚介類をネタにしています。

▼金目鯛
IMG_20160221_120311

▼なんとみかんぶり。醤油を垂らすと、みかんの香りが口いっぱいに広がります。
IMG_20160221_121125

▼みかんぶりです。
IMG_20160221_120918

IMG_20160221_120627 IMG_20160221_120638 IMG_20160221_120654

他には、エビアボガト、チキン南蛮、土佐ゆず牛カルビ…
IMG_20160221_120858

 

その5 食べた空き皿でゲームができる

各テーブル横に空き皿を入れるポケットがあります。

IMG_20160221_115437

そこにお皿を5枚入れると、ゲームが開始されます。あたりが出ると、景品(ガチャ)がもらえる仕組みになっています。
IMG_20160221_115653

子どもたちはこれに夢中。大人もお腹いっぱい食べられるしくみ(笑)になっています。もっとも、会計時のお皿のカウント、片付けの省力化など、お店側にもメリットが有る仕組みになっています。これを考えた人は頭がいい!!

▼昼になると、お寿司のレーンに皿が渋滞してきました。
IMG_20160221_120210

回転寿司屋、スゴすぎる。

 

最後にちょっとかまんですか

しばらく行っていなかった回転寿司がとっても便利になりすぎてスゴすぎました。まるで浦島太郎になった気分でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です