四国八十八か所 お遍路記事 高松市ブロガー ダイ・アオキがお遍路をする 第88番札所 大窪寺編

IMG_20160129_115617

こんにちは、高松市のブロガー ダイ・アオキです。今日もかまんですか。
IMG_20160129_120029

今日はいよいよ、札所に行きます。第88番札所の大窪寺です。

当日はあいにくの雨でした。大窪寺までの道のりで、お遍路交流サロンがあったり、ダム公園があったり、野サルにあったりと、イベントが目白押しでした。では、早速いってみよー!

1 あいにくの雨。だからこそ、良い出会いがありました。

IMG_20160129_095148

この日は雨でした。こんな日は危ないので、歩き遍路さんは少なかったです。高松市内から大窪寺へ行く途中、朝九時過ぎにも関わらず、大型観光バスが何台ともすれ違いました。お遍路の人気がうかがえます。

途中、道の駅「ながお」がありました。

DSCN0119

こちらはトイレもあるし、駐車場も広いので観光バスも停車することがあります。

でも私が気になったのは道路向かい側の「おへんろ交流サロン」という看板でした。

IMG_20160129_095321

中に入ると、おへんろに関する資料がいっぱいでした。秋友さんという方に出会い、資料をもとにお遍路について詳しく教えていただきました。

⇒秋友さんのお遍路に関するスゴイ話はこちら!

とても、良い出会いをさせていただきました。弘法大師様に感謝w

途中、野猿に出会うハプニングも!

DSCN0122

2 大窪寺に到着。やはり本堂や大師堂は観光客で溢れていました。

IMG_20160129_123907

大雨にも関わらず、広い駐車場には待機している観光バスがたくさん停車していました。

あらかじめ、納札に願い事を書いてしまいます。

IMG_20160129_134844

交通安全、と。

では、早速、大窪寺に行ってきます。

山門で一礼し、記念撮影。

IMG_20160129_120029

手水場で手を清めます。

IMG_20160129_115631

読経をしようと本堂へ行くと、

IMG_20160129_115617

うわ!!やっぱりお遍路さんでいっぱいだ。

お遍路交流サロンでお話いただいた、秋友さんの言う通り、60代以上の男性が圧倒的に多いw

そして読経。般若心経。他の参拝客の邪魔にならないように本堂の脇で行います。

続いて大師堂

IMG_20160129_114802

そして、納経所へ行き、朱印をいただきます。300円也

IMG_20160129_141319

最後に山門を出たら振り返って合掌。一礼します。心を込めて「ありがとうございます。」

3 第88番札所を初めて訪れて 

納経所で「どうも、ありがとうございました!」と深々に首を垂れる若い世代の方がいました。「どうもご苦労様でした。」とお寺の方は温かく労ってくれます。見ていて、こちらもうれしくなります。大窪寺は最後の札所ということで、結願される方ばかりです。また、今年、2016年は閏年(うるう年)ということで、ベテランの中には逆うちをされる方もいます。

そういう意味では、お遍路のプロが終結するところです。
最初にブログを発信する札所が大窪寺というのもどうかな、と思いましたが、結願された人々を間近にみることができ、お遍路の良さを痛感しました。今後もお遍路を高松市民として、発信できたらいいなと思いました。

4 最後にちょっとかまんですか。

IMG_20160129_122749

参拝が終わると、休憩所が見えました。そこでいただいた、「打ち込みうどん」がサイコーにうまかったです。

IMG_20160129_120553

みそ仕立ての具だくさんのうどんは、ココでしか味わえない逸品です。850円。


お参りのことを別名「打つ」といいます。そのため、「結願うどん」という通称で親しまれているようです。

ではでは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です