大自然の中で自由に流しそうめんが楽しめる 香川県三木町の「麦縄の里 まさご屋」

流しそうめん1

こんにちは、高松市の本屋ブロガー、ダイ・アオキです。

今日もちょっとかまんですか。

連日、熱いですね。暑さで食が細くなりますね。

そんなとき頼れるのが麺類。そうめんです。

そこで、今日は家族全員で「流しそうめん」が楽しめるスポットをご紹介します。

なんと流し台が8レーンもある

流しそうめん3

なんと、8レーンも流し台があります。厳密に言うと、セルフコース用の流し台が別に1レーンあります。全部で9レーンです。

流し台の上部に水道水(蛇口あり)が流れる仕組みになっています。こどもでも流せるように台座があり、親子で流し合いっ子ができるので、和気あいあいと流しそうめんイベントをセルフで楽しめます。

費用はかかりますが、ご家庭でこのような大掛かりな竹は用意できないし、スペースや衛生上の問題などさまざまな点を考慮すると、結果的にこちらの「麦縄の里 まさご屋」を利用するのが賢い選択です。

満席でも、少し待てばすぐに楽しめますが、天候などにより客の入り具合は変わると思います。お子様連れの方に一言。コドモは待てない生き物です。お腹の好き具合も時間も余裕を持っていきましょうね。

 

料金設定など

セルフコースとおまかせコースの2種類となっています。

流しそうめん 汁100円

セルフの場合は、制限時間40分。(延長もできるよ。)

大人は1000

小学生は800

幼児は600円(2歳までは無料)

汁のおかわりは一杯100円です。

相席の場合は、無制限の食べ放題なのかな・・・。そういえば相席レーンに人がいるのみたことないっすね。

 

場所

▼場所(地図)はこちらです

まさごや地図

 

住所は「香川県 高松市 東植田町 1361」となっていますが、カーナビやグーグルマップがうまく反応しないようです。

近隣はなにもないので、通り過ぎると行き過ぎてしまい時間を大幅にロスします。

私は何度も通り過ぎました。(泣)

 

事前にシュミレーションしてから行くといいですよ。それと、余裕をもって。

 

高松市内からは車じゃないと、行けません。公渕公園に激チカなので、午前中か午後に公渕公園によるのもいいですね。

 

最後に関連書籍のご紹介

最後にちょっとかまんですか。

ご自宅でそうめんをすると、余ること・・・ありませんか。つい、作りすぎちゃったりして。

そんなとき、これが便利ですよ。

揖保乃糸マニアの方にはこちらを是非

こちらもレシピ本です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です