10月30日のさぬきマルシェ出店は、大盛況!!

1

こんにちは。高松市にある本屋「かまんよ書店」のダイ・アオキです。今日もちょっとかまんですか。

今回のさぬきマルシェの出店も、大盛況でした。

2

その要因をいくつかあげます。

天気に恵まれた

3

このところ、夕方から雨が降ったり、ときどき空を見上げたりといった天気が続いていたのですが、本日はずーっと晴れでした。おかげさまで、持ってきた本をすべて並べました。並べれば、並べるだけお客様が集まってきてくれます。

生地(布)の本が大人気

5

例によって、ちょっと変わった絵本を用意しました。

子供たちのツカミはOKでした。変わった絵本がある本屋さんだなって、多くの子供たちに印象づいたらいいなって思います。

瀬戸内国際芸術祭のおかげ

8

なんといったって、セトゲー効果サマサマ。台湾の美人観光客が多数来てくれました。

記念撮影を求められたので、恥ずかしながら(喜んで)映りました。このとおり。おい、かまんよ!目を閉じるなよ!!

まあ、そのおかげでこんなにたくさん来客がありました

 

1

 

最後に報告書

7

さぬきマルシェの運営本部に、売り上げや来客数、感想などの報告をしています。こんな感じです。

簡単にいうと、仕掛けをしてもなかなかその通りに売り上げが立つというわけではないよということが書かれています。ただいえるのは、無計画にやってもしーないということです。トライアンドエラーの繰り返し。いまはエラーばかりですが、そのうちウルトラCがでます。僕の人生、そんな感じです。このウルトラCがスゴイ。いままでのエラーをまったく気にしなくなるくらいのデカいもの。だからこそ、私は膨大なトライ(実験)をしても気にしないのです。

ダイ・アオキが仕掛けたタイトルでつられるほど、お客様は単純ではありませんでした。では、どうやってお客様の注目を得て、本の購入につなげるか。そこがトライのしどころです。まだ思いつかないですが、頭が破裂するまで考え抜きたいと思います。

ではでは!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です