瀬戸内国際芸術祭2016 豊島で一日過ごして、いくら出費したのか

DSCN1253

こんにちは。高松市のブロガー、ダイ・アオキです。

今日もかまんですか。

▼豊島の壇山 8合目からみた瀬戸内海の風景

DSCN1203

 

親子二人で豊島に行って来ました。あなたがきになるのは、そう。かかったお金はいくら必要なの?ではないでしょうか。

高松市在中の親子(37才と6才)のケースですが、参考になればと思い記事にしました。

パスポート代金 4000円

まず、作品鑑賞パスポートです。瀬戸内国際芸術祭2016を楽しむには、この作品鑑賞パスポートが必須となります。

バスポートに交換してもらった

 

 

作品鑑賞パスポートには主に、以下のメリットがあります

・サンポート高松の駐車場(AM7:00-20:00)が2回無料

・春・夏・秋の全期間、作品が無料で鑑賞できる。

・豊島美術館、直島地中美術館がともに1000円で入場できる。

・作品を鑑賞するとパスポートにスタンプを押して貰える。それを集めると、抽選で商品と交換できる。

 

▼瀬戸内国際芸術祭 無料駐車場についてはこちらで詳しく書いています。

 

作品鑑賞パスポートの価格は通常5,000円です。私は前売券が発売されていたときに購入したので1000円安く変えました。15才以下は無料で「子供パスポート」がもらえます。

 

▼子供パスポート
こどもパスポート

 

▼大人パスポート
大人パスポート

 

 

この作品鑑賞パスポートはどこで買うのか?主要な会場であれば、どこでも販売していますが、心配ならば、高松港にある、インフォメーションセンターで購入してください。

 

▼総合インフォメーションセンターは、こちらです
総合インフォメーションセンター1

高松ー豊島 往復フェリー代 2,660円

 

こちらも大人料金のみです。幼稚園を卒園したけれど、まだ小学生ではない我が子は「未就学児」であるため、無料でした。ありがたやー。

大人片道 1330円なり。往復割引などはないよ。2,660円

DSCN1130

 

ちなみに、高松から出港するフェリーに予約という概念はありません。出港する30分前に窓口が開くので、行列にならんで購入します。

このアナログな感じがほほえましい・・・という温厚な旅行者も一部いますが、私としては

「なぜネットで予約できないんだろう。積み残しされたらどうするのか。」

などと心配になります。

▼実際に今年、2016年も開催初日に女木島で120人が積み残しがされて、四国新聞社にスクープされています。

レンタカー代(終日)6,000円

なんとガソリン代込の値段です。これは借りて正解でした。

DSCN1192

 

 

▼緋田石油(アケダセキユ)さんの外観です。

DSCN1189

 

 

▼緋田石油さんの料金表です。参考にしてね。

DSCN1187

免許書のコピーを渡して携帯の電話番号を教えれば、5分で借りられます。

大人用の自転車が乗れない小学校低学年が一人でもいたら、レンタカーは借りるべきです。

私は、緋田石油さんにお世話になりました。緋田石油さんでレンタルするメリットとしては

・すぐに配車される (5分程度)

・トイレが借りられる

「壇山」という絶景スポットを教えてくれた。

・帰りに車に溜まったゴミを捨ててくれた

・港まで徒歩5分程度(豊島では一番近いレンタカー屋です。)

元気な大人一人であれば、レンタルサイクルで十分です。何人もグループで行動する場合は、結果的に安く上がりますよ。汗かかなくて済みますしね。夏の暑い日や雨が降ったら、絶対借りるべきです。

豊島美術館 入館料 1,000円

DSCN1377

こちらも大人のみの価格です。

豊島美術館や直島の地中美術館は事前予約をすることができます。さすがベネッセ!進んでるね。

(今回の春は予約をしなくても、待たずに入館できていました。夏はきっと激混みなので予約しましょうね。)

▼予約方法はこちらで書いています。

 

鑑賞料金は大人1,540円ですが、作品鑑賞パスポートを持っていると、1,000円で入場できます。

あ、そうそう。WEB予約するときはシステム手数料が216円かかります。(大人も子供も1人につき)

それと、WEB決済すると、正規の料金(1,540円)で決済されます。美術館の受付で返金(540円)してくれます。

地中美術館 カフェ 820円

ジェラート 510円 (息子用)

DSCN1392

 

コーヒー 310円 (ダイ・アオキ用)

DSCN1393

 

コーヒーは500円くらいだったのですが、デザートセットということで、値引きがありました。嬉しいですね。

 

わかめうどん 400円

豊島美術館のカフェでジェラートを食べてたとき、息子が突然、

「お腹がすいた」

というんです。

壇山で早弁したのがまずかったのかな・・・

▼ママに作ってもらった昼用の弁当を到着後すぐにたべる。

DSCN1250

 

まあいいや。カフェにはガッツリ食べれるメニューやドーナツなどの軽食メニューもあるから大丈夫だ。そうおもって息子と再度カフェに注文に行きました。すると息子は頑として嫌だ拒否しました。ご飯もパンもドーナツも嫌だというんです。

困ったな。

めんどくせー。(←すんませんダメパパです。)

とりあえず車の中で用意したおやつ(TOPPO、あんぱんまんグミ)を食べてもらって、いったん機嫌がよくなりました。

そうして豊島美術館から車を走らせて、唐櫃港を過ぎたあたりで

息子が窓に向かって突然叫びました。

「あっ!うどん屋がある!」

▼うどんの旗を通過

IMG_20160326_132213

 

 

すぐに車を降りて、見てみると・・・ん?レンタルサイクルショップじゃないか。

 

▼レンタルサイクルもやっているというか、こっちがメインかな

IMG_20160326_131825

 

でもうどんもメニューもある。

失礼ながら大丈夫かなと思いつつ、わかめうどんを注文しました。

▼「はと場さん」のメニューは2品のみ

IMG_20160326_131818

 

すると

▼これはすごい。うまそうな大盛りわかめうどんでした。

IMG_20160326_132446

 

お店の人に「ボク、たくさんたべてね」といわれてうれしくなったのか、息子はひとりで完食。よっぽどうまかったのか。よっぽど腹がへっていたのか。まあ、満足してよかった。はと場さん(うどん屋さん)に感謝。

合計 14,880円なり

お弁当を持っていかなければ、昼食代がもう少し増えていたかもしれません。親子で丸1日芸術鑑賞してこの金額はお得でした。

最後にちょっとかまんですか。

どこかでおみやげを買いたかったのですが、家浦港では、行列に並んでフェリーの乗船券を買うのに必死で無理でした。

また弁当がなければ、「海のレストラン」や「島キッチン」で楽しむという方法もあったかな、なんて思います。時間は有限です。優先にするのは「アート作品」なのか「食」なのか「景色」なのか。

車があっても、1日で豊島の作品や観光名所を全部を回ることは無理でした。優先順位をつけざるを得なかったですね。

おすすめ本1

おすすめ本2【英語版です】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です