宇和島が誇るじゃこてんが、なんと「じゃこカツ」になって、上原屋本店に登場していた。

じゃこてん2
じゃこてん2

こんばんわ。高松市のブロガー、ダイ・アオキです。今日もかまんですか。

宇和島の名物じゃこてんが高松の有名うどん店で食べられることがわかりました。

ご紹介します。

1 ところで、じゃこてんって知ってます?

じゃこてん1

じゃこ天のルーツは、地元で水揚げされた様々な雑魚(ざこ)を骨ごとすり身にして、油で揚げたのが始まりだとされています。昔は「じゃこ天」ではなく「雑魚天(ざこてん)」と呼ばれていたそうです。

オーブントースターやフライパンで温めて、大根おろしや法湯、ゆず胡椒を添えて食べるととてもおいしいです。

写真は谷本蒲鉾店より抜粋しています。

2 実は、じゃこてんを食べられる、うどん屋があった

IMG_20160130_143621

高松市内のうどん屋には多くのトッピングメニューがあります。そのうち、定番がおでん、天ぷら、そしてカツです。

天ぷらとは、魚の売り身を天ぷらで揚げているものをさします。天ぷらといっても、「見た目は、さつま揚げ」といった方がピンとくるかもいれません。

うどん屋の多くは天ぷらを置いています。しかし、「じゃこてん」を置いているうどん屋は、めったにありません。

2 上原屋本店は、このじゃこてん(天ぷら)をフライにしている。

IMG_20160130_143017

上原屋に行ったとき、偶然「じゃこかつ 200円」なる文字を発見しました。

上原屋本店は、かけうどん小で一杯250円。

IMG_20160130_143554

エビ天がひとつ180円、じゃこカツがひとつ200円でした。

IMG_20160130_143419

じゃこカツの中身は、もちろんじゃこてんです。こうなっています。

IMG_20160130_143549

揚げ物をさらに揚げています。高松の方言でムツゴイ(脂っこい)という言葉がありますが、そんなことはありません。意外にバクバクいけます。

昼のピークタイムを避けて14時ごろお店に行ったため、すぐに座って食べることができました。

3 最後にちょっとかまんですか 

sieki

松山の市駅前では、じゃこてんの食べ歩きができます。

ここで、買って食べながら坊ちゃん電車に乗って、道後へ行く。うーん懐かしい。

ちなみに上記写真のお店は、楽天で通販もやっています。見るだけで、ごはん3杯はイケます。

店舗データ

上原屋本店
営業時間 9:00-16:00
住所 香川県高松市栗林町1-18-8

地図

”香川県高松市栗林町1-18-8”

ではでは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です