子供と一緒にスポーツをして、たくさんの気づきが得られた件

IMG_20160116_161254

ダイです。ちょっとカマンですか。

最近、子供と一緒にスポーツをしていて、多くの気づきが得られてたのでまとめました。

 

1 子供の靴のサイズ。ここ2~3年知らなかった

IMG_20160116_111448

宇多津ゴールドタワーでボウリングをしたとき、専用のシューズを借りました。

子供用の靴を借りるとき

「サイズはいくつですか?」

「25.5です」

と自分の靴のサイズをいって、店員さんを笑わせてしまいました。

改めて、子供の靴のサイズ。

見て見ると、18.5cm 。大きくなったな。

2歳や3歳のころは、店舗へ行ったり、ネットで「IFME(イフミー)」のシューズを買ったっけ。

その時は、13㎝とかだったな。0.5cm大きいだの、ちいさいだのと、やっていました。

嫁さんが全部やってくれてるんだな。

2 譲り合いの精神

「うばい合えば足らぬ わけ合えばあまる」

相田みつをさんのことばです。私はこれが大好きです。

スポーツには必ず相手がいます。

野球もラグビーもゴルフもボウリングも必ず「交代」します。

「パパどうぞ」

「パパお先どうぞ」

「次はパパの番やで」

スポーツは複数でやるもの。子供は社会性が養われます。

 

3 今、幸せであること 今を精一杯楽しむ大切さ

近所の公園でキャッチボールやサッカー、鬼ごっこをするだけでも子供はいっぱいの笑顔を

見せてくれます。楽しさや幸せを体いっぱいでかみしめている。そんな我が子を見て初めて

自分が幸せになります。それまで私はぼーっとしてたり、ほかごとを考えながら、子供と遊んでいたにも

関わらずです。もっと子供に真剣に向き合わなければならないな。そして、子供以上に幸せや楽しさをかみしめよう。

4 最後にちょっとカマンですか。

IMG_20160116_164138

 

子供は生まれたときに天才とはよく言ったものです。

これからも、我が子にたくさん教えてもらおう。

 

ではでは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です