環境省入省が決まったときに、本屋から渡された一冊

元環境省官僚、通訳案内士(英語)、博士(農学)、ネイチャーガイド

こんにちわ。かまんよ書店の青木大です。

うどん脳が店舗に来てくれて、テンション↑↑アゲアゲ↑↑な月曜日です。みなさまはいかがでしょうか。

先日、元・環境省官僚の横山昌太郎さんとお話ししてきました。以下、横山さんの略歴です。

元環境省官僚、通訳案内士(英語)、博士(農学)、ネイチャーガイド

元環境省官僚、通訳案内士(英語)、博士(農学)、ネイチャーガイド

横山さんの略歴

横山昌太郎(ヨコヤマ ショウタロウ)
昭和46年生まれ 広島生まれの四日市育ち
名古屋大学農学部 博士課程中退(就職後、改めて大学院に所属し学位取得)
環境省 入省(国家一種 )

横山さんは入省後、本省、岩手や日光での自然保護官、建設省への出向、そしてまた本省へとキャリアを重ねながら、国立公園を護る計画や許認可に関する仕事をされていました。在職中は、法律をつくる際の各省庁間の調整に幻滅したり、といったこともあったそうですが、しばしば深夜まで大臣の国会答弁を作成したり、総理官邸に入ることができてちょっと嬉しかったりといった類い稀な体験をされています。
その後辞職し、「ピッキオ」(星野リゾートのグループ)でネイチャーガイドをされました。民間企業に所属するガイドとして、価値のあるガイドの仕方、収益の上げ方など多くを吸収しました。
現在はインバウンド対応ができる通訳案内士(英語)としてご活躍する一方で、社会貢献の一環として、環境保全やガイドに関する講演活動をしています。

元・環境省官僚   横山昌太郎さん おすすめの本

そんな横山昌太郎さんのお気に入りの本はこれです。

センスオブワンダー(レイチェル・L・カーソン)

環境省入省が決まったころによく通っていた、本屋のご主人が横山さんにくださったそうです。環境省入省のお祝いで。

横山さんとお茶をしているときに、

「いままで過ごしてきた中で、他人に紹介したい本があったら、教えてください」

といったときに最初に出てきた一冊です。環境省在職時には、新人の方たちに一冊ずつプレゼントしていたそうです。

最後にちょっとかまんですか?

横山さんとお茶しながら思ったのですが、公務員と民間企業、両方のご経験があるからか、とてもバランス感覚があるなあ、と感じました。環境省に就職を考えている方、通訳案内士に興味のある方、星野リゾートに興味のある方は、ぜひ横山さんの講演に出席してみてください。間違いなくもっと深い話聞けます。近々、かまんよ書店で講演(質問コーナー&人生相談付き?!)をしてもらう予定になっています。また、横山さんとお茶するの会は今後も継続します。今回記載したこの記事もこのページ内でどんどんブラッシュアップ(更新)する予定です。気になる方はときどき覗いてください。

最後にもうちょっとかまんですか?

今日は高松市内のカフェで取材をしました。取材の場所だけを提供してくださる方を募集しています。業種は問いません。時間は単発で1~2時間程度です。お店のちょっとしたスペースを1時間程度お借りできたらうれしいです。もちろん1回だけで十分です。お返しに、このブログ「かまんよ書店」にて店舗や団体などのご紹介をします。

ご興味のある方は、コメントください。または、TEL087-805-8010までお電話ください。

最後に最後にほんまの最後に、こちらをどうぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です